ライオンズクラブ国際協会ライオンズ会員センター   ライオンズ・オンライン・ラジオ   |   ビデオ ビデオ

2018年1月1日から新クラブ申請は、MyLCIでのみ受け付けます。この変更は2016年10月に改定された理事会方針に従って実施され、これによりクラブ結成手続きが迅速に進められるようになります。ご質問がありましたら、NewClubs@lionsclubs.orgまでお問い合わせください。

メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Lions Clubs International
フッターへジャンプ

広報のアイデア

広報のアイデア

ライオンズのメッセージを広報で使用するには

次のPRツールと資料を組み合わせて、マスコミや地域社会の人々にメッセージを伝えてください。

クラブ・ファクト・シート

クラブ・ファクト・シートは記者に対してクラブの概要資料を提供するものです。ファクト・シートは、すべてのニュース・リリースに添付します。また、ファクトシートは地域のイベントなどで配布する資料としても有効です。

「ライオンズクラブになろう」パンフレット

このパンフレットは、地域のイベントでチラシとして配ったり、ライオンズクラブへの加入に関心を示す人にいつでも配布することができます。資料・出版物のページにアクセスして、このパンフレットのカスタマイズ可能なPDFまたはMicrosoft Wordバージョンをダウンロードしてください。

ニュース・リリース

ニュース・リリースは、最初の2段落で6つの主要な質問に答えるものです。誰が?何を?いつ?どこで?どうして?そしてどうやって?続く段落では、重要度の高いものから順に、さらなる情報を提供します。簡潔に、事実中心に書かれたリリースほど、報道される可能性が高いといえます。報道される可能性を高めるために、以下に注意しましょう。

  • ニュース価値のある出来事に関するものであること。
  • 各段落と文章は簡潔に、それぞれ一つの内容に絞って書くこと。
  • 基本的な内容をさらに深めるため、引用を用いること。発言をした人の名前と役職名も必ず書き添えます。
  • 記事に関する担当者の氏名、日中の電話番号とEメールアドレスを、ページの一番上に明記する。
  • 標準的なプレスリリース形式に従うこと(このガイドの最後に記載されているリリースの見本でニュース・リリースの形式を確認してください。また、サンプル・ニュース・リリース・ページでは、書式設定され、空欄を埋めるだけのサンプル・プレスリリースをダウンロードできます)。
  • イベントの少なくとも2週間前には、この種の話題を担当すると思われる編集者や記者、ニュース・ディレクターにニュース・リリースを送付する。
  • 特に重要な活動の場合には、1週間前に各メディア担当者にフォローアップする。質問がないか尋ね、写真撮影のチャンスについても説明します。熱意とポジティブな態度をもって、この記事がいかに視聴者や読者の興味を引くかを説明しましょう。

ニュース・リリースだけでは十分に伝えきれないような場合には、地域のメディアに連絡を取り、特集記事を提案します。単に個別の行事や活動を取材するだけでなく、記者が「地域ボランティアの重要性」などの取材にも関心を持つように促しましょう。

インタビューと公の場での談話

クラブのスポークスマン(メディア対応者)は、正確な情報を、熱意と自信を持って伝えられるように常に準備していなければなりません。以下はインタビューをうまくこなすためのコツです。

  • 事実を把握しておくこと。マスコミへの資料に記載された「誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように」の情報について詳細を提供できるよう準備します。
  • 主要メッセージの論点を用意しておくこと。質問には単に「はい」や「いいえ」で答えるのではなく、インタビュアーの質問から主要メッセージにつなげて話すようにします。インタビューの前に、質問されそうな事柄に答える練習をしておきましょう。LCIウェブサイトにある協会の主要メッセージを確認し、あなたのクラブのメッセージに合わせて手直しします。
  • 手短に、明快な回答をすること。インタビューの最初の方に、主要な論点を短かくわかりやすい2~3の文で述べます。質問に対する答えがわからないときは、調べておく旨を伝え、速やかに事後フォローをします。
  • あなたのクラブの名前を頻繁に口にすること。「私」や「私たち」とだけ言うのは避けます。
  • 発言には注意すること。公表できないコメントは絶対に言ってはなりません。
  • 適切な服装を身につけること。ライオンズ・ピンは必ず身につけてください。テレビに出演する場合は、細い縦じまや白いシャツ、派手な柄、アクセサリーのつけすぎは避けてください。
  • 笑顔を忘れないこと。打ち解けた雰囲気で話してください。あなたがライオンとしての活動を楽しんでいることを、記者にもわかるようにします。

行事後の広報

以下のことを通じて、プログラムや募金活動の成果を地域社会に報告します。

  • ニュース・リリース。事業の成果にスポットを当てた、短い1枚のニュース・リリースを作成します。写真も忘れずに。
  • 編集局への書状。地域社会へのお礼状を書きます。
  • 広告の掲示。地域の人々の支援に対する謝辞を載せた小さい広告の掲示について、検討してください。多くの出版物で、非営利目的の広告に割引価格を設定しています。売れ残った広告スペースを無料で提供してくれる所もあります。

公共サービス広告(PSA)

PSAは、公共サービスとしてラジオ局やテレビ局で無料で放映される短いメッセージ(10秒、15秒、または30秒)です。PSAはあなたのクラブだけではなく、地域のためになるものでなければなりません。

ライオンズクラブ国際協会には多数のPSAがあり、さまざまな題材を扱っています。クラブはこのPSAを無料で利用できます。テレビ向けにMPEG形式の放送品質のPSAもあり、ダウンロードすることができます。

PSAを作成するときは、長くとも10~30秒でメッセージを伝える必要があるため、簡潔で明快なものにすることが最も重要です。失明の予防、青少年への奉仕、地域社会に役立つ募金活動、クラブが資金援助する公共イベントなどについてのメッセージは、適切な題材です。PSAには次のことが必要です。

  • 視聴者の関心を引くこと。
  • クラブの提案を実践することによって視聴者が得られるメリットを示すこと。
  • どこへ行くのか、何をするのか、いつ、などの情報を伝えるほか、詳しい情報はどこで得られるのかを視聴者に伝えること。

一般的な目安として、10秒の放送では約50文字、30秒では約150文字です。

地元のテレビ局やラジオ局の公共サービス担当ディレクターに連絡し、その局の番組スケジュールや必要な形式を確認し、PSAの製作を手伝ってもらえるかどうかたずねます。多くの局では、非営利団体には製作料の割引があります。

ケーブル・テレビ

ケーブル・テレビでは、公共広告やクラブ活動のビデオ、クラブのイベント告知画像などを放映したり、地域のトーク番組にクラブ会員が出演したりすることができます。地元のケーブル局の公共サービス担当ディレクターに連絡し、プログラムの機会があるかどうか尋ねます。

ビデオ・プログラム

地域のイベント開催時や、地域の他のグループと交流するときに、LQ(ライオンズ四季報ビデオマガジン)やPSAを上映します。ビデオは、ライオンズ・ニュース・ネットワーク(LNN)から閲覧と注文ができます。また、YouTubeでビデオを見たり、iTunesからLQをダウンロードすることもできます。

ウェブサイトとソーシャル・ネットワーク

ウェブサイトとソーシャル・ネットワークは、クラブについて知ってもらうための有効な手段です。Eクラブハウスを利用すると、使いやすいテンプレートと無料ホスティング・サービスを使用してクラブのウェブサイトを作ることができます。ウェブサイトを立ち上げたら、頻繁に更新し、またPR資料にもサイトのURLを掲載することが重要です。

TwitterYouTubeFacebookMySpaceLinkedInFlickrなどのソーシャル・ネットワーキング・サイトは、ライオンズクラブを宣伝するのに効果的です。このようなサイトの活用が得意なクラブ会員を募り、クラブのページを作成して定期的に管理してもらうよう依頼しましょう。連絡先情報、最近の事業の写真、活動の目的を述べる文、今後のイベントのリストを含めます。

広報用印刷資料

イベントを宣伝するための印刷資料には次の要素が必要です。

  • A:誰が、何を、いつ、どこで、なぜ。
  • 明快で簡潔な言葉を使い、必要な情報のみを含めること。
  • 人目を引く、レーザー・プリンターまたは業者による印刷。
  • 活字は太字で読みやすいフォントを使用すること。
  • クラブ名と連絡先情報、ライオンズのロゴを目立つように配置すること。

印刷業者やコピーサービス業者と交渉して、非営利団体向けの割引料金でチラシやポスターの製作を依頼できることもあります。

クラブ会員に依頼し、ポスターやチラシを地域一帯の公共掲示板、図書館、店先やバス停、駅などに掲示しましょう。地元の企業や行政機関に連絡し、チラシやポスターの頒布掲出に協力を依頼しましょう。

写真

写真は、クラブの会報や勧誘資料を充実させます。ニュース・リリースを新聞社に送る際にも必ず添えるべきです。クラブ活動の写真や、地域の行事でライオンズの奉仕を受けた人々の写真などを使います。写真を撮るときは、次のことに注意します。

  • できるだけデジタル・カメラを使用すること。デジタル写真は送信や保存、保管が容易です。デジタル写真は添付ファイルとして送信し、切り取ってEメールに貼りつけることはしないでください。
  • ピントがはっきりと合っている写真のみを使用すること。
  • カメラに向けてポーズをとっている写真でなく、自然な写真をとること。クラブ会報ではポーズをとった写真や集合写真を使用してもよいですが、関心を引くのは自然な写真です。多くの出版物ではポーズをとったような写真は採用されません。
  • 撮影対象の人たちにポーズをつけなければならないときは、何かの作業をしてもらってできるだけ自然に見えるようにすること。フレーム枠から外れる人がいないように、注意してフレームを合わせます。
  • できるだけ近づいて撮ること。
  • 人数を限定し、背景の分量が多くなりすぎないように。
  • 写真はたくさん撮り、一番いいものを選ぶこと。
  • 新聞社に電話をして、デジタル写真を受けつけているかどうか、受けつけている場合はその形式について確認すること。
  • 写真の送信フォームを使用して国際本部に写真を送ること。

ライオンズクラブの写真を掲載の承認を得るには、写真/ビデオ使用許可申請書または子供の写真/ビデオ使用許可申請書をダウンロードしてください。

ライオン誌

ライオン誌に写真や記事を投稿し、クラブの活動を全国に知らせましょう。投稿された記事がすべて掲載されるわけではありません。記事を投稿する際のガイドラインは以下のとおりです。

  • クラブの奉仕事業または募金活動の具体的な情報 - 誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように - を提出します。
  • インターネット用にフォーマットされた画像は送らないでください。ウェブの画像はライオン誌で使用するには小さすぎ、解像度も高くありません。
  • 事業に参加しているライオンズがはっきりと写った、自然な動きの写真を送ります。写真に写っている人全員が誰なのかも分かるようにしてください。
  • 「撮影向けポーズ」をとった写真は避けましょう(例えば「握手してカメラに向かっている写真」「目録を受け取ってポーズをしている写真」など)。
  • その事業のことに詳しい連絡担当者の氏名、住所、日中の電話番号、Eメールアドレスを書き添えてください。

これらのガイドラインに沿った記事や写真を郵送(LION Magazine, 300 W 22nd Street, Oak Brook, IL 60523 USA)またはEメールでライオン誌に送付してください。記事が選ばれてから、実際に掲載されるまでには長い時で1年かかることもあります。

その他の広報のアイデア

ライオンズとその活動についてコミュニティに伝えるには様々な方法があります。たとえば、クラブが地域の行事のスポンサーをしている場合には、以下の方法があります。

  • 自治体のウェブサイトや掲示板にクラブの情報を掲載してもらう。
  • クラブとその活動についてのパンフレットやチラシを配る。募金活動を行う際には、資金の使い道を資料にして渡す。
  • ライオンズのロゴとクラブ名を、すべての資料に記載し、あらゆる活動や行事ではっきりと提示する。

クラブが特別なイベントを予定していない場合でも、次のことができます。

  • ライオンズピンやライオンズの衣類を身につける。
  • クラブを電話帳や地域の電話番号簿などに掲載し、連絡先を明記する。これらの情報は常に更新しておく。
  • 地方公共団体や商工会議所が提供する転入者向け「ようこそ」資料一式の中へクラブ情報を挿入してもらう。
  • 地域の組織や団体をクラブ会合に招いてその活動を紹介してもらい、同様に、これらの団体の会合でライオンズの活動についてプレゼンテーションを行う。
  • 図書館やコミュニティセンターに地元の平和ポスター作品の掲示をする。
  • 行政機関や学校の広報誌にクラブの情報の掲載を依頼する。特に平和ポスター・コンテスト視力/糖尿病健診の実施、レクリエーション・センターの建設などの地域や学校プロジェクトに関与している場合には、その点も含めて掲載を依頼する。
  • 道路沿いの看板や市町村境界にマークを掲示する。手入れもきちんとすること。道路用の標識はクラブ用品販売課から購入することができます。
  • 地域の図書館にライオン誌の年間購読を寄付する。注文に関する情報は、ライオン誌にお問い合わせください。

callout section

トップへジャンプ