ライオンズとレオは、視力を守ります。1925年、ヘレン・ケラーがライオンズに「盲人の騎士」となるよう呼びかけて以来、私たちは世界何億人という人々の目の健康と眼科医療を改善してきました。今日、視力障害の80%は予防や治療が可能であり、私たちの奉仕活動はこれまで以上に重要となっています。ライオンズとレオは、視力検査、地域での啓発活動、診療所の建築などを行うほか、目の不自由な人に補助や職業訓練プログラムなどを提供しています。視力という大切な贈り物を世界中で守るため、私たちは努力します。